知って得するシティーコム!グルメからアルバイト探しまで♪掲載店舗紹介

【映画情報】

スタッフ

スタッフ写真

劇場内

 

カウンター

カウンター

テラス

テラス

【映画情報】

【オススメ情報】

「天気の子」 ※再上映
『君の名は。』の新海誠が、天候の調和が狂っていく時代に運命に翻弄される少年と少女の「選択」を描く。
キャラクターデザインは『君の名は。』に引き続き田中将賀が務め、 作画監督には『猫の恩返し』『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』の田村篤、美術監督は『言の葉の庭』の滝口比呂志らが映像を紡いでいく。
高一の夏、離島から家出し、東京にやってきた帆高(醍醐虎汰朗)。 しかし、生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。 彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。 そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高はある事情を抱え、弟とたくましく暮らす少女・陽菜(森七菜)と出会う。 彼女には祈るだけで、空を晴れに出来る不思議な力があった......。
(C)2019「天気の子」製作委員会


「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」 ※再上映
七月隆文の同名原作小説を『ストロボ・エッジ』の福士蒼汰と『バクマン。』の小松菜奈主演で映画化したラブストーリー。
『ホットロード』『アオハライド』の三木孝浩がメガホンをとる。
京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、大学まで向かう電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)に一目見た瞬間、恋に落ちた。 勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けたようとした高寿だったが、それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう―。 彼女のこの時の涙の理由を知る由もない高寿だったが、2人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート。 高寿と愛美の関係は誰もがうらやむ程に順調で、すべてがうまくいくものだと信じていた。 しかし、高寿はある日、愛美から想像もできなかった大きな秘密を明かされる...…。
(C)2016「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」製作委員会


「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」
今作は、1969年5月13日東京大学駒場キャンパス900番教室で行われた作家三島由紀夫と、東大全共闘との討論会の様子を切り取り、三島由紀夫の生き様を映したドキュメンタリー作品。
ナビゲーターを、俳優の東出昌大が務める。
1968年に大学の不正運営などに反対した学生が団結して全国的な学生運動が活発化した。 その中でも最も武闘派と言われた東大全共闘に、言葉とペンを武器にする文学者・三島由紀夫は単身で乗り込み、二時間半にも及ぶ討論会を行った。 伝説となった「三島由紀夫VS東大全共闘」の記録を高精細映像にリストア。 当時の関係者や現代の文学者・ジャーナリストなどの識者他、三島由紀夫についての「生きた」証言を集め、約50年の時を経た今、ついにその全貌が明らかになる。
©2020映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」製作委員会


「劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」 ※5/22(金)より再上映
2018年4月クールで放送されたテレビドラマの続編が映画化。
モテない独身ダメ男・春田創一と、誰もが憧れる理想の上司・黒澤武蔵、イケメンでドSな後輩・牧凌太の三角関係をピュアに描いたラブコメディ。
永遠の愛を誓ったあの日から1年が過ぎ、上海・香港転勤を経て春田創(田中圭)は帰国する。 久しぶりに戻ってきた天空不動産第二営業所では、黒澤武蔵(吉田鋼太郎)をはじめ、お馴染みのメンバーが顔を揃え、 最近配属された陽気な新入社員・山田ジャスティス(志尊淳)も加わり春田を歓迎する。 そんな彼らの前に、天空不動産本社のプロジェクトチーム「Genius7」が突如として現れ、 リーダーの狸穴迅(沢村一樹)は、本社で新たにアジアを巻き込む一大プロジェクトが発足された。 そして、第二営業所もその一翼を担うよう通告する。その隣には、本社に異動しチームの一員となった牧凌太(林遣都)の姿もあった。 何も知らされておらず動揺する春田だが、本社と営業所の確執が深まるほどに、牧との心の距離も開いてしまう。 一方、コンビを組むことになったジャスティスは兄のように春田を慕い、さらには黒澤もある事故がきっかけで突然“記憶喪失”になる。 混乱する春田をよそに、黒澤は“生まれて初めて”春田と出会い、その胸に電流のような恋心を走らせてしまう。 そんな中、天空不動産を揺るがす前代未聞の大事件が発生する。それに巻き込まれた春田にも最大の危機が迫る......。
©テレビ朝日

【上映スケジュール&作品案内&料金表】

佐賀市 映画|イオンシネマ佐賀大和店様店舗概要

外観写真
店舗名 ■イオンシネマ佐賀大和店
電話番号 0952-64-8788
ジャンル 映画館
住所 佐賀県佐賀市大和町大字尼寺2965
営業時間 9:00~23:30
チケット売り場及び売店は、最終上映の開始時刻まで営業
定休日 年中無休
駐車場

【イオンシネマ佐賀大和店様より一言】

店舗情報

 佐賀大和インターチェンジの近くにあり、15年以上佐賀の映画館として地元の皆さまから愛されてきました。 大迫力の映像と音響など、お客様の快適空間を十分に揃えてお待ちしております。
 明るく元気なスタッフが映画鑑賞に欠かせないスナック(ポップコーンなど)やソフトドリンクなども取り揃えて販売しておりますので、ぜひ映画のお供にどうぞ。

【撮影・取材者から一言】

シティーコムスタッフから一言

 佐賀県大和町にあるイオンシネマ佐賀大和様紹介ページです。イオンシネマ様では、様々なお得なプランが目白押し♪ 映画館に行く前にお得な情報をゲットして楽しい映画を見ちゃいましょう!!その他、店舗内で販売されているポップコーンなどのスナックも一押し! 映画のあとはショッピングやゲームなども楽しむこともできますので、一日に過ごせそうですね!

詳しくはこちら>>http://www.aeoncinema.com/cinema/sagayamato/


■求人情報
◇パートタイマー
仕事内容:劇場案内/売店販売/チケット販売/映写業務/事務

◇大学生・専門学生・短期大学生アルバイト
仕事内容:劇場案内/売店販売/チケット販売/映写業務
詳しくはこちらをクリック!